長寿のお祝い

2019年 長寿祝い 早見表

年齢 満年齢 数え年 長寿祝いの由来

還暦
60歳

1959年
(昭和34年)
いのしし年

生まれた年の干支に還ることから、還暦と呼ばれるようになりました。 「生まれた時に帰る」という意味で赤いちゃんちゃんこを贈ります。

古希
70歳

1949年
(昭和24年)
うし年

1950年
(昭和25年)
とら年

人生七十古来稀なりという中国唐代の詩に由来するお祝い。 70才を迎えることが稀(まれ)という意味から、古希がお祝いされるようになりました。

喜寿
77歳

1942年
(昭和17年)
うま年

1943年
(昭和18年)
ひつじ年

喜の草書体が七十七と読めることに由来するお祝い。 長寿を迎えられた方への敬意をこめて「高貴で特別な色」の紫色を贈ります。

傘寿
80歳

1939年
(昭和14年)
うさぎ年

1940年
(昭和15年)
たつ年

傘の略字(仐)が八十と読めることに由来するお祝い。 長寿を迎えられた方への敬意をこめて「高貴で特別な色」の紫色を贈ります。

米寿
88歳

1931年
(昭和6年)
ひつじ年

1932年
(昭和7年)
さる年

米の字が八十八と読めることに由来する、八が重なるおめでたいお祝い。 その為お米の色の黄色が米寿の色とされています。

卒寿
90歳

1929年
(昭和4年)
へび年

1930年
(昭和5年)
うま年

卒の略字(卆)が九十と読めることに由来するお祝い。 長寿を迎えられた方への敬意をこめて「高貴で特別な色」の紫色を贈ります。

白寿
99歳

1920年
(大正9年)
さる年

1921年
(大正10年)
とり年

百から一を引くと「白」となることに由来するお祝い。 その為白色が白寿の色とされています。

百寿
100歳

1919年
(大正8年)
ひつじ年

1920年
(大正9年)
さる年

100歳のお祝い。「ひゃくじゅ」または「ももじゅ」と読むことから 桃色が百寿の色とされています。

長寿祝い(賀寿) とは

今では世界トップクラスの長寿国、日本。 古くから、長寿の節目となる 年齢に 「これからも長生きして下さい」と願いと敬意を込めてお祝いする 文化があります。

長寿を祝う節目の年齢には、60歳を祝う還暦の他にも、70歳の古希、 77歳の喜寿、80歳の傘寿、88歳の米寿、90歳の卒寿、99歳の白寿、 100歳の百寿など・・長寿祝いはたくさん。

お祝いによってそれぞれ違う意味や由来があり、そのお祝いの色にちなんだ 贈り物をする風習があります。

長寿祝いはいつ行う?

誕生日や敬老の日、お盆やお正月など、お祝いする日は様々です。 厳密には決まっていません。家族や親戚が離れて暮らしている場合は、 お誕生日に休みを取って集まるのも難しいものです。

その際は、長寿を迎える年のお正月やお盆のまとまったお休み、 敬老の日など家族が集まれる都合の良い日にお祝いしてもいいですね。

長寿祝いは満年齢?数え年?

還満年齢は現在の年齢であり、誕生日で歳を数える方法。数え年は「満年齢 +1歳」元旦で歳を数える方法です。 今では馴染みがない数え年ですが、 昔はこの「数え年」が主流だった為、 日本古来より風習の長寿祝いも数え年で行われていました。(還暦祝いは 基本、満60歳でお祝いします。)

ですが現在では、分かりやすい「満年齢」でお祝いする方が定着してきて います。数え年にこだわる必要はありません。 ご都合の良い日にお祝いしましょう。




プティルウ長寿のお祝いギフトは、ベアの大きさや種類を選べる他、屏風セットやケース入りなど、数多く取り揃えております。 また、オプション購入で、ちゃんちゃんこに記念日の刺繍を入れたり、メッセージを手描きすることのできるミニスタンド色紙を付けることも出来ます。
商品は上記長寿のお祝いカテゴリーページからご確認下さい。


プティルウ ロゴ
Copyright © 2018 株式会社プティルウ All Rights Reserved.
トップヘ